2020年05月03日

【新作】英国 Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S7412 NAME CARD CASE / LONDON CALF×BRIDLE LEATHER、細かい型押しプリントを行ったブライドルレザーとロンドンカーフコンビ仕様の名刺ケース、今年も展開されたロンドンカーフのブラックカラーシリーズ

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]
S7412 NAME CARD CASE
/ LONDON CALF×BRIDLE LEATHER


S7412
※クリックで拡大

 英国 Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]の日本総代理店直営ショップ フレームショップ さんに、昨年に引き続き今年も展開された素材にブライドルレザーとロンドンカーフを使用し、外側と内側の色が異なる2トーンカラーの新シリーズ、「 ロンドンカーフ ブラックカラーシリーズ 」の名刺ケース、Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S7412 NAME CARD CASE / LONDON CALF×BRIDLE LEATHER が入荷しました。

素材に、表側と内側で風合いの異なる2種類のレザーを使い分けた上品な組み合わせのツートンジップウォレットで、昨年のオールロンドンカーフ仕様から、今年はアウトサイドをロンドンカーフ、インサイドをブライドルレザーと従来の仕様に戻りました。
黒で統一された上品で大人な趣のあるロンドンカーフはビジネスシーンなどでも重宝するコレクションとなっております。

アウトサイドに使われている「 LONDONCALF:ロンドンカーフ 」は、上質な原皮カーフ素材にピグメントプリント(顔料染め)を施したものです。

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S7412 NAME CARD CASE は、左ポケットはマチがなく薄い作り、右側にはマチがついて名刺だと約20枚程度入ります。
S7412
※クリックで拡大

内部には、シープスキンをライニングに使用していて、チャームポイントにもなっています。そして内側には、ブランドお約束の「Whitehouse Cox」のハウスロゴ、「HANDMADE IN ENGLAND」と「REAL LEATHER」の刻印が入っています。

シンプルで飽きのこないオーソドックスなデザインでありますが、シンプルだからこそ末永く使えるアイテム。
実は私もピッグスキン仕様の "CAMBRIDGE COLLECTION:ケンブリッジコレクション" と英国産ホースハイド(馬革)仕様の "DERBY COLLECTION:ダービーコレクション" の素材違い2アイテムを使用しています。

今回入荷したブラックカラーシリーズのラインナップは、S7660 3FOLD WALLET、S1975 COMPACT WALLET、S9697L LONG WALLET、S7412 NAME CARD CASE、S2622 LONG ZIP WALLET、S9692 KEYCASE with RING、S7532 COIN WALLET の全7アイテム。

黒で統一された上品で大人な趣のあるロンドンカーフはビジネスシーンなどでも重宝するコレクション!ブライドルレザーとは違う独特な風合いは必見です。♪




アイテム紹介 〜 フレームショップ 〜
Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S7412 NAME CARD CASE / LONDON CALF×BRIDLE LEATHER
※クリックで詳細ページへ


◆素材:ロンドンカーフ×ブライドルレザー
◆色 :BLACK(ブラック)/BLACK(ブラック)
◆ステッチ:TONAL STITCH(同色)
◆サイズ:CLOSE 11.5cm×8cm OPEN 11.5cm×16cm
◆カード入れ:2

◆Handmade in England

-S7412 NAME CARD CASE-
両サイドにポケットが付いたシンプルなデザインのカード入れS-7412。
片側にはマチを付けて容量をアップし、区分けをし易いようにデザインしています。上質ながら耐久性にも非常に優れる、シープスキンをライニングに使用しているのもチャームポイントです。
男女問わずにギフトアイテムとして人気があります。

-LONDONCALF×BRIDLE LEATHER COLLECTION-
アウトサイドに使われている「ロンドンカーフ」は、上質な原皮カーフ素材にピグメントプリント(顔料染め)を施したものです。細かい型押しプリントを行った後、レジンコーティング(樹脂コーティング)を施しており、独特の凹凸感と品のある滑らかな手触りが特徴です。
インサイドにはWHC定番の「ブライドルレザー」を使用しています。

キャッシュレス5%還元対象









Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。





こだわる男の「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・人気・品薄・予約・最安値


posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:49 | Comment(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]

2020年05月01日

【再入荷】英国 Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]L2375 HUNTING BAG、実在するヴィンテージのおよそ100年ほど前の英国製ハンティングバッグを基に忠実にリプロダクト、重厚でクラシックな雰囲気を纏いながらも、特徴的でユニークなディティールも備えた味わいのある仕上がり

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]
L2375 HUNTING BAG / SAFARI


L2375
※クリックで拡大

 ホワイトハウスコックス日本総代理店直営ショップ、フレームショップ さんに、実在するヴィンテージの英国製ハンティングバッグを基に、ホワイトハウスコックスがオリジナルのデザインや雰囲気をできるだけ忠実にリプロダクトしたハンティングバッグ、Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]L2375 HUNTING BAG が再入荷しました。 

このハンティングバッグは、現代に蘇ったメイド イン イングランドのハンティングバッグです。モチーフとなったのは、およそ100年ほど前の英国製のハンティングバッグ。フレームショップ さんによると
ブランド不明で、精巧なつくりというよりは、オーダーメイド、もしくは持ち主がDIYで作ったかのような人の手が感じられるハンドメイド感が漂うつくりで、随所には何度もリペアを施した跡が残っていました。革は100年という歴史を経た経年変化によって得も言われぬ味わい深さが刻み込まれており、5年や10年ではとてもかなわないであろうその見事なエイジングの様からは、持ち主が深い愛着を持って使い続けていたことが想像できます。持ち主がこのバッグを何度も修理をしながら、愛着を持って長年の間使い込んできたことに深い感動を覚え、使い捨てや簡単な買い替えが普通となった今の時代だからこそ、このバッグを蘇らせたいと考えました。その為、より使いやすいようにサイズや機能性をアレンジしたり、不必要なディティールを排除するようなことはせずに、オリジナルデザインに敬意を払って、できるだけ忠実に再現しました。現代の考え抜かれた最新のバッグに比べると、もしかすると扱い難さや使い難さがあるかもしれませんが、使うほどに愛着が湧き、10年後、20年後には素晴らしい経年変化と共に、かけがえのない愛用品となってくれるはずです。
とのこと。
L2375
※クリックで拡大
素材にオイルドフィニッシュを施した「SAFARI LEATHER:サファリレザー 」を使用。天然染料のみを使用染色して仕上げられ、たっぷりのオイルが染みこんだこのナチュラルレザーは、既に長い年月を使い込んだかのような風格で、まさにエイジング済みのような仕上がりです。
独特のシボは、革の表面で色ムラや大小さまざまな大きさになり、それが革の表情を変化させ、どのアイテムにもひとつとない特徴をもたらし味のある仕上がりとなっています。

かぶせを留める3本のストラップ。このバッグの特徴的なディティールです。ストラップを補強するリベットは一箇所のみブラスカラーを使い、オリジナルの雰囲気を再現。フラップ上部に備わった持ち手も肉厚な一枚革を使用。
ショルダーストラップは肉厚な一枚革を使用。バッグの底を支えるように一周しています。
背面には幅広のループを備えています。恐らくベルトを通してウエストなどに取り付けていたと考えられます。
L2375
※クリックで拡大
バックルは、オリジナル同様に黒い塗料でペイント仕上げを施しており、次第に塗料が剥がれてくること趣のあるヴィンテージの雰囲気を増していきます。
小物が収納できるポケットを装備。内装はオリジナルと同様にアンライニングで仕切り等の無いシンプルなつくりです。
背面の下部にはホワイトハウスコックスのロゴが刻印されております。
メンテナンス用のレザーバームが付属しています。革の栄養補給と表面保護に役立ちます。

L2375
※クリックで拡大

現代に蘇ったメイド イン イングランドのハンティングバッグは、重厚でクラシックな雰囲気を纏いながらも、特徴的でユニークなディティールも備えており、とても味わいのある仕上がりです。

カラーラインアップは、BROWN(ブラウン) 、BLACK(ブラック) の2カラー。

オイルドフィニッシュされたサファリレザーは、ソフトな肌さわりですが重厚な存在感を持ちます。経年変化も表れやすく、使うほどに色艶が増します。革本来の風合いを大切に個性豊かな表情に仕上げたもので、革のシワ、シボの入り具合は、それぞれ異なります。
本日ご紹介のアイテムも負けず劣らずこだわりを感じるアイテムのひとつです。オススメです♪






アイテム紹介 〜 フレームショップ 〜
Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]L2375 HUNTING BAG
※クリックで詳細ページへ

◆素素材:サファリレザー
◆色 :BROWN(ブラウン)
◆ステッチ:TONAL STITCH(同色)
◆サイズ:本体 - 縦21 x 横32 x マチ7cm
◆フロントポケット - 縦13 x 横16 x マチ5cm
◆ショルダーストラップ - (トップホール)120cm〜 (ラストホール)100cmで調節可能

◆Handmade in England

- L2375 HUNTING BAG -
実在するヴィンテージの英国製ハンティングバッグを基に、ホワイトハウスコックスがオリジナルのデザインや雰囲気をできるだけ忠実にリプロダクトしたハンティングバッグです。現代に蘇ったメイド イン イングランドのハンティングバッグは、重厚でクラシックな雰囲気を纏いながらも、特徴的でユニークなディティールも備えており、とても味わいのある仕上がりです。

- SAFARI LEATHER -
サファリレザーはその個性豊かな表情を楽しんで頂けるよう、極力革の雰囲気を損なわずナチュラルな状態を保つようフィニッシングされております。革のシワ、シボの入り具合は、それぞれ個体差がございます。








Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。




当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では人気のWhitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。
Whitehouse Cox[財布・ウォレット][鞄・バッグ][小物][ベルト][メンテナンス][その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!


こだわる男の「モノ&ファッション」
Whitehouse Coxの鞄・バッグを探すならコチラから!▼click!
新作・人気・品薄・予約・最安値



posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:29 | Comment(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]

2020年04月25日

【Mother's Day Gift】母の日に贈る革小物 『 カラー:色 』で探してみる!英国伝統の革小物ブランド Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]の革小物

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]
Mother's Day Gift 『カラー:色』で探す!


色で選ぶ
レッド
ネイビー
グリーン
ニュートン
ハバナ
ブラック
アンティーク

母の日まであとわずか!
毎年5月の第2日曜日は「母の日」。今年2020年の母の日は5月10日(日)ですね。

皆さんは母の日のプレゼントは決まりました?
1年の感謝を込めてお母様に Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]の財布贈ってみてはいかがでしょうか?

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さは英国 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] ならではのもの。
日頃の母の苦労を労い感謝を表す日となる母の日に、そんな使い込むほど良さがわかる Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] のアイテムを母の日のプレゼントにいかがでしょうか?

当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス] を『 種類 』・『 予算 』・『 色 』で探すことができます。

本日は第3回目となる『 カラー:色 』で探してみる!です。

よりエイジングが楽しめるニュートン色の他、ブラック、ハバナ、ネービー、レッド、イエローなど、お好みのカラーを探すことができますので一度覗いてみてください。
素敵なアイテムが見つかるかも







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。




当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』ではギフトにおすすめのWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] の財布を「種類」・「予算」・「色」で簡単に探すことが出来ますので一度のぞいてみてください。

母の日のプレゼント選び  おすすめは『色で選ぶ!』のレッド!

Whitehouse Coxを[種類][予算][色]で選ぶ - こだわる男の「モノ&ファッション」



posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:38 | Comment(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]