2020年06月03日

【再入荷】英国 Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S9697L LONG WALLET/LONDON CALF×BRIDLE LEATHER、ブライドルレザーとロンドンカーフのコンビ仕様の長財布、細かい型押しにレジンコーティングを施し独特の凹凸感と品のある滑らかな手触りが特徴

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]
S9697L LONG WALLET
/ LONDON CALF×BRIDLE LEATHER


S9697L
※クリックで拡大

 英国 Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]の日本総代理店直営ショップ フレームショップ さんに、素材にブライドルレザーとロンドンカーフを使用し、外側と内側の色が異なる2トーンカラーの長財布、Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S9697L LONG WALLET / LONDON CALF×BRIDLE LEATHER が入荷しました。

素材に、表側と内側で風合いの異なる2種類のレザーを使い分けた上品な組み合わせのツートンジップウォレットです。
アウトサイドに使われている「 LONDONCALF:ロンドンカーフ 」は、上質な原皮カーフ素材にピグメントプリント(顔料染め)を施したものです。

Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S9697L LONG WALLET は、定番長財布 S9697 をベースに財布の全長を約1cm長くしたロングバージョン。
小銭入れ付き長財であるが、コインケースのマチを無くして薄さを追求した長財布となっており、コインケースのない長財布のような薄さを実現しています。札入れの高さは、日本紙幣にジャストのサイズで余分に大きくならないよう設計されています。
S9697L>
※クリックで拡大

カード入れ8つ、札入れが1つにジッパー付きコインケースが1つとその他のポケット3つ。また、内側の上部にはホワイトハウスコックスの刻印が刻まれています。

スーツ姿に折り財布なんか使うと、尻ポケットや、内ポケットが膨らんでしまっては、せっかくのスーツのシルエットが台無し!スリムな長財布をスーツの内ポケットからサッと出して精算する姿はなかなか格好いいですよね。

現在購入できるカラーは、表側がネイビーカラー、内側がレッドカラーの NAVY(ネイビー)/RED(レッド) 、表側がブラウンカラー、内側がネイビーカラーの BROWN(ブラウン)/NAVY(ネイビー) の2カラー。

内側のレッドがアクセントになっていて、表からチラリと見える差し色がなんとも上品で素敵!
ブライドルレザーとは違う独特な風合いは必見です。♪




アイテム紹介 〜 フレームショップ 〜
Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]S9697L LONG WALLET / LONDON CALF×BRIDLE LEATHER
※クリックで詳細ページへ


◆素材:ロンドンカーフ×ブライドルレザー
◆色 :BROWN(ブラウン)/NAVY(ネイビー)
◆ステッチ:IVORY(アイボリー)
◆サイズ:CLOSE 18.5cmx9.0cm OPEN 18.5cmx19.5cm
◆札入れ:2 小銭入れ:1 カード入れ:8 ポケット:2

◆Handmade in England

- S9697L LONG WALLET -
*S9697Lは従来の S9697 をベースに財布の全長を約1cm長くしたロングバージョンになります。
オン&オフ兼用財布として定着している2つ折り長財布。 インサイドには縦に並んだカード入れや充分な容量の札入れにプラスして、ジッパー付きのコインケースを備えるなど、スリムな形状ながら収納力にも優れています。。

-LONDONCALF×BRIDLE LEATHER COLLECTION-
アウトサイドに使われている「ロンドンカーフ」は、上質な原皮カーフ素材にピグメントプリント(顔料染め)を施したものです。細かい型押しプリントを行った後、レジンコーティング(樹脂コーティング)を施しており、独特の凹凸感と品のある滑らかな手触りが特徴です。
インサイドにはWHC定番の「ブライドルレザー」を使用しています。

キャッシュレス5%還元対象
キャッシュレス5%還元対象









Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。





こだわる男の「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・人気・品薄・予約・最安値


posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:39 | Comment(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: