2007年03月04日

ホワイトデーに贈るWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の財布 『種類』で探してみる!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
White Day Gift


種類で選ぶ
三つ折りウォレット
2つ折りウォレット
折り財布小銭入れ付
ロングウォレット
スーツウォレット
ジップウォレット
トレーダーウォレット
パースウォレット
コインパースA
コインパースB
システム手帳A
システム手帳B
メガネケース
名刺入れA
名刺入れB
定期入れ
キーケースA
キーケースBリング付
キーホルダー


 ホワイトデーまであとわずか!

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。

そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxのアイテムをホワイトデーのプレゼントにいかがでしょうか?


当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を『種類』・ 『予算』・『色』で探すことができます。

本日より3回に分けてご紹介させていただきますが、 第1回目は『種類』 で探してみる! です。


人気の3つ折りウォレットから、システム手帳に定期入れに名刺入れ。 素敵なアイテムが見つかるかも


こだわる男の 「モノ&ファッション」
ホワイトハウスコックス を
「種類」で探してみる! ▼click!



















Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。






続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年03月03日

ホワイトデーの由来はご存じ?

WHITE DAY Gift Whitehouse Cox Selection
WHITE DAY Gift
Whitehouse Cox Selection


ホワイトデーに公式サイトがあるのをご存知ですか?

ホワイトデー公式サイトを運営しているのは、 全国飴菓子工業協同組合のホワイトデー委員会。


委員会によるとホワイトデーは

バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男性が “お返し”の意を込め、 3月14日のホワイトデーはキャンデーを贈る日として飴菓子業界の全国組織である全国飴菓子工業協同組合の1978年 (昭和53年) の名古屋に於ける総会で飴菓子業界の総意として決議採択されて全飴協ホワイトデー委員会が組織されたのです。
ということらしい。

当初、全国飴菓子工業協同組合は、キャンディーの販売促進が目的であったため、 「キャンデーの日」にするという意見もありましたが、 「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」と 「ホワイトデー」に決定されたもので日本独自の名称だそうです。

欧米では「ポピーデー」「フラワーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」 という風習があるそうなないそうな?



世間ではホワイトデーは「倍返し」とも「3倍返し」とも言われていますが
あなたならどうします?

バレンタインデーに「俺はたくさん貰ったぞ!」なんて自慢している人には 「ホワイトデー」は、きっと厄日になるかもしれませんね。


本命の彼女や最愛の奥様には、 ちょっと奮発してプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

バレンタインのお返しに!
WHITE DAY Gift  Whitehouse Cox Selection ▼click!









Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。


ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー] より





こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月20日

UKism別注のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] s7660 三つ折り財布 ブラック・レッド

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
s7660 三つ折り財布 ブラック・ レッド


ホワイトハウスコックス[限定] s7660 三つ折り財布 ブラック・レッド
※ クリックで拡大

 外側がブラック、 内側がレッドの英国紳士洋品専門店UKism別注のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] s7660 三つ折り財布 ブラック・レッド。

当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 でお馴染みのショップ HIGH FASHION FACTORY さんに入荷いたしました。

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の中でも一二を争う人気のアイテムのUKism別注モデルだけあって、 とっても魅力的!

ジーンズのヒップポケットにも収まるコンパクトサイズ。 コンパクトではあるけれどカード入れ 5、札入れ 1、コインケース 1、 ポケット 3という充実ぶり。

ブラック・レッドのカラーは、 大人の雰囲気ムンムンでちょっとドッレッシーな趣がなかなかです。

男女を問わずお使いいただける逸品ではないでしょうか?





ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs7660 三つ折り財布 ブラック・レッド







ホワイトハウスコックス製品を取り扱うHIGH FASHION FACTORYさんのWhitehouse Coxのページでは 「ブランド」「ファクトリー」「レザー」「メンテナンス」 「リペア」それぞれが詳細に記載されていて、情報量の多さは必見です!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のブライドルレザーは他の加工革と違って、 買った時が最高の状態ではなく、使用しメンテナンスを繰り返していくことで、 自分自身の手に馴染んだ良い革へと変化していくエイジングのすばらしさに尽きるだけに、 HIGH FASHION FACTORYさんのメンテナンスページは非常に参考になりますので一度ご覧になってみて下さい。 勉強になります。


私も3〜4ヶ月に一度は、じっくり時間をかけ丁寧にメンテナンスをしています。 実はこの時が一番楽しかったりします。



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -






Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。


ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー] より





こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月14日

【レビュー】Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] レア物パスケース s9107 購入!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
BUSINESS CARD CASE s9107



 PiTaPa: ピタパ(非接触型ICカードの定期)を持つようになってからパスケースから定期を取り出す必要がなくなったため、 できるだけ薄く、小さなパスケースを購入しようと考えておりました。
Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]には s7134 という薄型のパスケースがありますが、あまりにも平凡すぎておもしろくない。

というわけで、購入したのが BUSINESS CARD CASE s9107 Black
先日、新調したWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のカードケース s9354とあわせて購入することにしました。



このアイテムは、前回レポートいたしましたカードケース s9354と同様、 国内ではあまり流通していない希少モデル。 Whitehouse Cox ロゴ下に"MAID IN ENGLAND"(※ 国内ショップモデルは"HANDMAID IN ENGLAND")と刻印されているイギリスから日本へ直接発送される英国ショップモデル。

ポケットは2箇所のみとなりますが、 真ん中のベルト部分を引っ張ることで定期券が迫り上がってくるという仕掛けが施されています。 あまり定期券を取り出すことがないけれど、 こうした遊び部分がちょっと気に入っています。

カラーラインナップは、ブラック、ニュートン、ハバナ(こげ茶)、 ネービーの4色。
2/14 PM11:00現在のショップの在庫を確認すると、 ブラックは完売してしまっています。 私がブラックを購入してすぐに完売になりましたので、 多色も入荷数が少ないようですね。


ホワイトハウスコックス【WHITEHOUSE COX】BUSINESS CARD CASE 9107 Black


ホワイトハウスコックス【WHITEHOUSE COX】BUSINESS CARD CASE 9107 Newton


ホワイトハウスコックス【WHITEHOUSE COX】BUSINESS CARD CASE 9107 Navy


ホワイトハウスコックス【WHITEHOUSE COX】BUSINESS CARD CASE 9107 Havana

※箱出し、 ブラッシングについては前回レポートと同じですので以下を参考に

ショップから商品が届き、 箱から出してみるとカードケースの表面は白い粉で覆われていました。 これは牛革をなめした後、 蜜ロウを染み込ませてじっくりと仕上げられたブライドルレザー特有の蜜ロウが表皮に浮き出てきたもの。

ほとんどのショップではこれを拭き取って出荷されますが、 このショップでは拭き取らずに付着した状態で出荷されています。

早速、表面の白い蜜ロウをWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の ケアブラシ s9169 で蜜ロウを革の中へ戻すように丹念にブラッシング。
ここはじっくりゆっくり表面を傷つけないようブランシングをすることに。すると白い蜜ロウはなくなり表面にブライドルレザー特有の光沢が現れてきました。

そして、より光沢を出すために最後の仕上げとなる レザーバーム を塗りさらにブラッシング。レザーバームを塗ることでツヤ出し効果の他、 水滴や傷から表皮を守る効果もあるので、この行程は必須項目です。

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]好きの私にとって、 このブラッシングしている時こそ、まさに至福の喜びの時。 ブラッシング後の革の光沢を見てニヤリとする瞬間でした。 Oh! good job.

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。今回も大満足でした。





当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。
そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxの財布。

種類も多く、カラーも豊富で、性別や年齢にかかわらず、 お好みのアイテムが見つかるかも。

Whitehouse Cox [財布・ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!


こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値



WhitehouseCox-wallet.jpg



Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!





Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。




続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月11日

【レビュー】Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] レア物カードケース s9354 購入!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
LEATHER SUIT WALLET s9354



 現在使用しているカードケースがかなりくたびれてきたこともあって新しく新調しようといろいろ探していたところ、 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のカードケース s9354を見つけました。

このアイテムは、国内ではあまり流通していない希少モデル。 私の知る限りでは他で見たことはありません。
Whitehouse Cox ロゴ下に"MAID IN ENGLAND"(※ 国内ショップモデルは"HANDMAID IN ENGLAND")と刻印されているイギリスから日本へ直接発送される英国ショップモデル。


特徴としては二つ折りタイプのカードケースで、カードホルダーが10箇所、 札入れ1箇所、ポケット2とカードの収納枚数とサイズ的には私の希望通り。


ショップから商品が届き、 箱から出してみるとカードケースの表面は白い粉で覆われていました。 これは牛革をなめした後、 蜜ロウを染み込ませてじっくりと仕上げられたブライドルレザー特有の蜜ロウが表皮に浮き出てきたもの。

ほとんどのショップではこれを拭き取って出荷されますが、 このショップでは拭き取らずに付着した状態で出荷されています。

早速、表面の白い蜜ロウをWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の ケアブラシ s9169 で蜜ロウを革の中へ戻すように丹念にブラッシング。
ここはじっくりゆっくり表面を傷つけないようブランシングをすることに。すると白い蜜ロウはなくなり表面にブライドルレザー特有の光沢が現れてきました。

そして、より光沢を出すために最後の仕上げとなる レザーバーム を塗りさらにブラッシング。レザーバームを塗ることでツヤ出し効果の他、 水滴や傷から表皮を守る効果もあるので、この行程は必須項目です。

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]好きの私にとって、このブラッシングしている時こそ、まさに至福の喜びの時。ブラッシング後の革の光沢を見てニヤリとする瞬間でした。
Oh!good job.!(^^)!


良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。今回も大満足でした。


2/11 PM19:00現在、ショップの在庫を確認すると、 ブラックとニュートン色は完売してしまっています。 残りはハバナ(こげ茶)のみ。やはり、入荷数も少ないようです。


今回のカードケース s9354 と合わせて購入した BUSINESS CARD CASE 9107 Black のレポートは後日、 改めてご報告させていただきます。




ホワイトハウスコックス 【WHITEHOUSE COX】LEATHER SUIT WALLET 9354 Havana


ホワイトハウスコックス 【WHITEHOUSE COX】LEATHER SUIT WALLET 9354 Newton


ホワイトハウスコックス 【WHITEHOUSE COX】LEATHER SUIT WALLET 9354 Black







当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。
そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxの財布。

種類も多く、カラーも豊富で、性別や年齢にかかわらず、 お好みのアイテムが見つかるかも。

Whitehouse Cox [財布・ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!


こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・最安値


WhitehouseCox-wallet.jpg





Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!





Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。




続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月09日

バレンタインに贈るWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の財布 『色』で探してみる!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
St. Valentine's Day Gift


色で選ぶ
レッド
ネイビー
グリーン
ニュートン
ハバナ
ブラック
アンティーク


 バレンタインまであとわずか!

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。

そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxのアイテムをバレンタインのプレゼントにいかがでしょうか?


当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を『種類』・ 『予算』・『色』で探すことができます。

本日は第3回目となる『色』 で探してみる!です。


よりエイジングが楽しめるニュートン色の他、ブラック、ハバナ、ネービー、 レッド、イエローなど、 お好みのカラーを探すことができますので一度覗いてみてください。 素敵なアイテムが見つかるかも


こだわる男の 「モノ&ファッション」
ホワイトハウスコックス を
「色」で探してみる! ▼click!














Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。






続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月08日

バレンタインに贈るWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の財布 『予算』で探してみる!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
St. Valentine's Day Gift


予算で選ぶ
\0〜\3,000
\3,001〜\6,000
\6,001〜\9,000
\9,001〜\12,000
\12,001〜\15,000
\15,001〜\18,000
\18,001〜\21,000
\21,001〜\24,000
\24,001〜\27,000
\27,001〜\30,000
\30,000〜\35,000
\35,001〜\40,000
\40,001〜


 バレンタインまであとわずか!

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。

そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxのアイテムをバレンタインのプレゼントにいかがでしょうか?


当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を『種類』・ 『予算』・『色』で探すことができます。

本日は第2回目となる 『予算』 で探してみる!です。


ご予算に応じて探すことができますので一度覗いてみてください。 素敵なアイテムが見つかるかも


こだわる男の 「モノ&ファッション」
ホワイトハウスコックス を
「予算」で探してみる! ▼click!














Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。






続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年02月07日

バレンタインに贈るWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の財布 『種類』で探してみる!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
St. Valentine's Day Gift


種類で選ぶ
三つ折りウォレット
2つ折りウォレット
折り財布小銭入れ付
ロングウォレット
スーツウォレット
ジップウォレット
トレーダーウォレット
パースウォレット
コインパースA
コインパースB
システム手帳A
システム手帳B
メガネケース
名刺入れA
名刺入れB
定期入れ
キーケースA
キーケースBリング付
キーホルダー


 バレンタインまであとわずか!

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。

そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxのアイテムをバレンタインのプレゼントにいかがでしょうか?


当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を『種類』・ 『予算』・『色』で探すことができます。

本日より3回に分けてご紹介させていただきますが、 第1回目は『種類』 で探してみる! です。


人気の3つ折りウォレットから、システム手帳に定期入れに名刺入れ。 素敵なアイテムが見つかるかも


こだわる男の 「モノ&ファッション」
ホワイトハウスコックス を
「種類」で探してみる! ▼click!















Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。






続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2007年01月02日

【レビュー】Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] “CAMBRIDGE COLLECTION” s7412 名刺入れ ピッグスキン 購入!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
“CAMBRIDGE COLLECTION”
s7412 名刺入れ ピッグスキン



ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs7412 名刺入れ ピッグスキン ブラック


 今回購入したのは、Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のニューアイテム、 ピッグスキンを使用した"CAMBRIDGE COLLECTION:ケンブリッジコレクション" のs7412 名刺入れ。

このケンブリッジコレクションは独特のシボの美しさと革の硬質加減が両立し、 これまでのピッグスキンのイメージを覆すシリーズになっています。

海外では高級皮革として認知されていますが、日本国内では "豚肉 <牛肉" という関係からかどうかはわかりませんが、 ピッグスキンの評価が非常に低いとされています。
しかしながらピッグスキンは、しなやかでありながらコシがあり、 そして非常に耐久性に富み、 少々乱暴に扱っても型くずれひとつしないのが特徴で、 まさに財布などの革小物にぴったりの高級皮革と言われています。


商品が届き、まずいつものWhitehouse Coxの茶箱を開けると、 ブライドルレザーとは違ったピッグスキン特有の革の香りがします。
繊細なシボは最近流行の型押しでは出し得ない手触りと質感があり、 そのシボとアクセントとなっているアイボリーのステッチとブラックのバランスが絶妙で非常に高級感があります。
革の厚みもほどほどで、ブライドルレザーより少し堅めかなという印象で、 型くずれにも強うそうです。
『このピッグスキン、なかなかいいぞ!』と大満足!


そしてWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の醍醐味でもあるエイジングは、 ピッグスキンもしっかり可能で、 ブライドルレザーとは一味も二味も違うエイジングに期待しながら、1年、2年、 3年と使い込んで行くことで、どのようにエイジングされるのか楽しみです。 末永く大事に使っていきたいと思います。



ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs7412 名刺入れ ピッグスキン ブラック




当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。
そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxの財布。

種類も多く、カラーも豊富で、性別や年齢にかかわらず、 お好みのアイテムが見つかるかも。

Whitehouse Cox [財布・ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!


こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・最安値


WhitehouseCox-wallet.jpg




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!





Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。




■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -



続きを読む
posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年12月19日

クリスマスプレゼントに最適!Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] を探すなら!新作・人気・品薄・予約・最安値

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
s8356 2フェース パスケース ブラック・ ブルー



クリスマスプレゼントに最適!

今日ご紹介のアイテムは、Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の新作、2フェース パスケース s8356 ブラック・ブルーです。

定番 名刺入れ/カードケース s7412 の使いやすさに 定期入れ s7134 が加わったようなアイテムで、 2つ折りの構造に2カ所の定期用スペースと、 その裏側にはサイドポケットが設けられ、名刺の他、 各種カードやチケットなどを入れることができます。

名刺入れ/カードケース s7412 と同様片方はマチなし、 片方はサイドのマチありと様々な用途をカバーできる二つ折りパスケースに仕上がっています。


外側がブラック、内側がWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]には珍しいブルーとのコンビネーションが新鮮ですね。




ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs8356 2フェース パスケース ブラック・ブルー



良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。
そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Cox。

種類も多く、カラーも豊富で、性別や年齢にかかわらず、 お好みのアイテムが見つかるかも。



当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

Whitehouse Cox [財布・ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!




こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -






続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年12月13日

クリスマスプレゼントに最適!Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] を探すなら!新作・人気・品薄・予約・最安値

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
“CAMBRIDGE COLLECTION”
s9696 二つ折り財布 ピッグスキン



Whitehouse CAMBRIDGE COLLECTION WALLET WITH ZIP


クリスマスプレゼントに最適!

良質な革を使用し、伝統と技術に裏付けられたしっかりし縫製と作りの良さ。 実用的で非常に丈夫。所有する事の満足感...。 そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。
そんな使い込むほど良さがわかるWhitehouse Coxの財布。

種類も多く、カラーも豊富で、性別や年齢にかかわらず、 お好みのアイテムが見つかるかも。



当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

Whitehouse Cox [財布・ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のそれぞれのページではモデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!



左上のアイテムは今季登場した"ピッグスキンシリーズ (ケンブリッジコレクション)"。

このケンブリッジコレクションはシボの美しさと男性に向く革の硬質加減を両立し、 これまでのピッグスキンのイメージを覆す革小物シリーズになっているとの事。
この独特の繊細なシボを持つピッグスキンは、 海外では高級皮革として認知されていますが、日本国内では "豚肉<牛肉" という関係からか、ピッグスキンの評価が非常に低いとされています。

しかしながらピッグスキンは、しなやかでありながらコシがあり、 そして非常に耐久性に富み、 少々乱暴に扱っても型くずれひとつしないのが特徴で、 まさに財布にぴったりの高級皮革といえます。

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]といえばブライドルレザーといわれるぐらい有名ではありますが、 ブライドルレザーとは一味も二味も違うエイジングが楽しめそうですね。









こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・最安値


WhitehouseCox-wallet.jpg






Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。


ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -






続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年12月02日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] コンパクトウォレット(アンティーク)s9632 Clew別注のRED-LINEモデル

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
COMPACT WALLET RED-LINE:antique s9632



 当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 お馴染みのWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]取り扱いショップの Clew[クリュー] さんにコンパクトウォレット (アンティーク)s9632が入荷しました。


このアイテムはClew[クリュー]別注のRED-LINEモデル。
以前のアンティーク色の革は血筋や皺の部分を削り取り、 ニュートンとハバナの中間色でしたが、 以前よりもかなり濃い色に変更になったようです。


新しいアンティークはフルグレインレザーのみを使用しており、 原皮表面のキズや皺を取り除かず、 独特の模様として表面に残してあるため原皮の牛、 一頭一頭の個性が出るような仕上げられているとのことで、 より味のあるエイジングが楽しめる革へと改良がなされました。



アンティークブライドルレザー特有の赤みがかったエイジングで経年変化が楽しめ、 茶系でありながら外と内側のトーンの変化は、 ほかの色目ではなかなか味わえない自分独自の愛着のある色へ変化が期待できます。
2年後、5年後に、 色の濃いところと薄いところがどのようにエイジングされるのかが楽しみですね。


カードホルダー部分の赤いライン"RED-LINE"のアクセントが特徴で、 シャツの胸ポケットやジーンズのヒップポケットにも収まるコンパクトサイズです。

その他、磁気の入っている定期やカード、 免許証を入れて個別に引き出せるカードフォルダーが付いています。
これは意外と便利かもしれませんよ。


同型のアイテムでこのアンティーク色の他、アイボリーとブラックがあります。
アイボリーについては既に完売となっています。 再入荷もありませんのでご注意を。




ホワイトハウスコックスコンパクトウォレット(アンティーク)


ホワイトハウスコックスコンパクトウォレット(アイボリー)


ホワイトハウスコックスコンパクトウォレット(ブラック)





 当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。

それぞれのページでは各モデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!


WhitehouseCox-wallet.jpg




こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値





Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。


ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -






続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年11月24日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] を探すなら!新作・人気・品薄・予約・最安値

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
“CAMBRIDGE COLLECTION”
s9696 二つ折り財布 ピッグスキン



ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs9696 二つ折り財布 ピッグスキン ブラック



 当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 では人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。


今回新たにWhitehouse Cox [財布・ ウォレット] [鞄・ バッグ] [小物] [ベルト] [メンテナンス] [その他] のページを新設いたしました。

それぞれのページでは各モデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!








こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・最安値


WhitehouseCox-wallet.jpg






Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。


ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -






続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年11月21日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のニューモデル"ピッグスキンシリーズ(ケンブリッジコレクション)"のラインナップが充実!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
“CAMBRIDGE COLLECTION”
s7660 三つ折り財布 ピッグスキン



 ピッグスキンを使用したWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のニューモデル"ピッグスキンシリーズ (ケンブリッジコレクション)"のラインナップが充実してきました。


このケンブリッジコレクションはシボの美しさと男性に向く革の硬質加減を両立し、 これまでのピッグスキンのイメージを覆す革小物シリーズになっているとの事。

この独特の繊細なシボを持つピッグスキンは、 海外では高級皮革として認知されていますが、日本国内では "豚肉<牛肉" という関係からか、ピッグスキンの評価が非常に低いとされています。

しかしながらピッグスキンは、しなやかでありながらコシがあり、 そして非常に耐久性に富み、 少々乱暴に扱っても型くずれひとつしないのが特徴で、 まさに財布にぴったりの高級皮革といえます。

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]といえばブライドルレザーといわれるぐらい有名ではありますが、 ブライドルレザーとは一味も二味も違うエイジングが楽しめそうですね。

次回機会があれば、購入したいと考えています。





ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs7660 三つ折り財布 ピッグスキン ブラック


ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs7660 三つ折り財布 ピッグスキン タン


その他のピッグスキンアイテムはこちら!
■Whitehouse Cox "CAMBRIDGE COLLECTION"






当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 そんな人気のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]を簡単に探すことができます。


今回新たにWhitehouse Cox [財布・ ウォレット] のページとWhitehouse Cox [鞄・ バッグ]のページを新設いたしました。

それぞれのページでは各モデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!
財布、バッグの他、順次、小物、ベルト、 メンテナンスのページもアップしますので今しばらくお待ち下さいませ。       



こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox [財布・ ウォレット]のページはコチラから▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・最安値

WhitehouseCox-wallet.jpg






Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より






続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年11月12日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の新作“CAMBRIDGE COLLECTION”s7532 二つ折り財布 ピッグスキン

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
“CAMBRIDGE COLLECTION”
s7532 二つ折り財布 ピッグスキン



 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]からピッグスキンを使用したニューモデル “ケンブリッジコレクション”"trois"トロアさんに入荷。

従来のブライドルレザー仕様とは異なり、ざらざらとしたシボが特徴で、 フルベジタブルタンニングを施したピッグスキンを使用しています。

そのシボの美しさと男性に向く革の硬質加減を両立した、 これまでのピッグスキンのイメージを覆すシリーズに仕上がっています。

カード入れ4、札入れ2、コインケース1、ポケット2 は、通常のs7532 二つ折り財布と変わりませんが、革の種類が違う事、 コインケース部分にあるCAMBRIDGE COLLECTIONの刻印がその違いとなります。

今回入荷のカラーはTAN、RED、OLIVE、BLACKの4色。
発色も綺麗でなかなかですよ!



White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...
White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...

White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...
White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...

White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...
White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...

White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...
White House Cox CAMBRIDGE COLLECTIONホワイトハウスコックス ケンブリッジコレクション 2つ折...







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より






こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年10月30日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] のl9742 ブリーフケース

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
l9742 ブリーフケース



 外側のポケットやショルダーストラップなどをはぶき、 シンプルなデザインに徹したWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のキャンバスブリーフケースのご紹介です。

ハンドルやコーナーなど要所はしっかりとWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]お馴染みのブライドルレザーを使用。
オールドコロニアルキャンバスはキャンバスの間にポリウレタンを挟み込んだ3重構造で、 防水性を高めています。

内側の片面には3つに区切られたポケットがあり、電卓や財布、 名刺入れなどをしまうのにちょうどよい大きさ。
もう片面は全面のポケットがあり、A4書類がすっぽり入ります。
ジッパーには、ファッション性に優れかつ高い品質を誇るリリ社の製品を採用。 ハンドル部分は縫製とリベットで固定される頑丈なつくりです。


カラーラインナップは左写真のブラック・ブラック、タン・ニュートン、 オリーブ・ハバナ。

l9742が入るホワイトハウスコック・オリジナル巾着が付属しています。


販売は当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』 で何度お馴染みのHIGH FASHION FACTORYさん。

ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース ブラック・ブラック
ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース ブラック・ブラック

ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース タン・ニュートン
ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース タン・ニュートン

ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース オリーブ・ハバナ
ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxl9742 ブリーフケース オリーブ・ハバナ






ホワイトハウスコックス製品を取り扱うHIGH FASHION FACTORYさんのWhitehouse Coxのページでは 「ブランド」「ファクトリー」「レザー」「メンテナンス」「リペア」 それぞれが詳細に記載されていて、情報量の多さに脱帽です!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のブライドルレザーは他の加工革と違って、 買った時が最高の状態ではなく、使用しメンテナンスを繰り返していくことで、 自分自身の手に馴染んだ良い革へと変化していくエイジングのすばらしさに尽きるだけに、 HIGH FASHION FACTORYさんのメンテナンスページは非常に参考になりますので一度ご覧になってみて下さい。 勉強になります。


私も3〜4ヶ月に一度は、じっくり時間をかけ丁寧にメンテナンスをしています。 実はこの時が一番楽しかったりします。



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー]より






こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!




続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年10月11日

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] ドレイクス/Drake'ss9652 コンパクトウォレット ブラック・レッド

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
s9652 コンパクトウォレット ブラック・レッド



 外側がブラック、 内側がレッドの英国紳士洋品専門店UKism別注のWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] s9652 コンパクトウォレットブラック・レッド。


シャツの胸ポケットやジーンズのヒップポケットにも収まる程コンパクトではあるが、 カード入れ 3、札入れ 1、コインケース 1、 ポケット4といろいろ使えるポケットの全てがバランスよく配置されています。

結婚式の出席やパーティーの時など、 バッグの中身をスリムにしたい女性の方にもおすすめです。







ドレイクス/Drake'ss9652 コンパクトウォレット ブラック・レッド
ドレイクス/Drake'ss9652 コンパクトウォレット ブラック・レッド







ホワイトハウスコックス製品を取り扱うHIGH FASHION FACTORYさんのWhitehouse Coxのページでは 「ブランド」「ファクトリー」「レザー」「メンテナンス」「リペア」 それぞれが詳細に記載されていて、情報量の多さに脱帽です!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のブライドルレザーは他の加工革と違って、 買った時が最高の状態ではなく、使用しメンテナンスを繰り返していくことで、 自分自身の手に馴染んだ良い革へと変化していくエイジングのすばらしさに尽きるだけに、 HIGH FASHION FACTORYさんのメンテナンスページは非常に参考になりますので一度ご覧になってみて下さい。 勉強になります。


私も3〜4ヶ月に一度は、じっくり時間をかけ丁寧にメンテナンスをしています。 実はこの時が一番楽しかったりします。



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー] より






こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を探すならコチラから!▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」 「色」で探す! ▼click!



続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年10月04日

所有する事の満足感。使い込むほど良さがわかるWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の名刺入れ

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
名刺入れ グリーン/ニュートン s9728



 外側がグリーン、内側がニュートンカラーのWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]の名刺入れ。


所有する事の満足感....。使い込むほど良さがわかるWhitehouse Cox。
ブライドルレザー特有の堅牢な革の品質と作りの良さ。実用的で非常に丈夫。
そして醍醐味でもあるエイジングの楽しさと奥の深さはWhitehouse Coxならではのもの。


外側にもポケットがついているので、 名刺入れを閉じたまますぐに取り出したいカードなどは後ろのポケットに入れることができます。

グリーンとニュートンのコンビカラーはまさに絶妙!オススメです。



ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs9728 ポケット付名刺入れ グリーン・ニュートン
ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxs9728 ポケット付名刺入れ グリーン・ニュートン




ホワイトハウスコックス製品を取り扱うHIGH FASHION FACTORYさんのWhitehouse Coxのページでは 「ブランド」「ファクトリー」「レザー」「メンテナンス」「リペア」 それぞれが詳細に記載されていて、情報量の多さに脱帽です!

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]のブライドルレザーは他の加工革と違って、 買った時が最高の状態ではなく、使用しメンテナンスを繰り返していくことで、 自分自身の手に馴染んだ良い革へと変化していくエイジングのすばらしさに尽きるだけに、 HIGH FASHION FACTORYさんのメンテナンスページは非常に参考になりますので一度ご覧になってみて下さい。 勉強になります。


私も3〜4ヶ月に一度は、じっくり時間をかけ丁寧にメンテナンスをしています。 実はこの時が一番楽しかったりします。



■HIGH FASHION FACTORY - Whitehouse Cox -







Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー] より






こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] のページはコチラから!▼click!




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」「色」で探す! ▼click!



続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年09月21日

MONCLER [モンクレール] "デカロゴ"HIMALAYA:ヒマラヤ / NAPOLI:ナポリ / BISENTI:ビセンティ 22日(金)18時より販売開始!

MONCLER [モンクレール]
HIMALAYA 999:BLACK
NAPOLI 999:BLACK&243:BROWN
BISENTI 999:BLACK



 ブランドショップ サントレーノさんが9月22日(金)18時より MONCLER [モンクレール] "デカロゴ" HIMALAYA: ヒマラヤNAPOLI:ナポリBISENTI:ビセンティの販売を開始します。

人気のHIMALAYA:ヒマラヤは、定番のBAZILLE: バジーレをベースにデザインされていますが、 腕ポケットのステッチ幅はBAZILLEと比較して太めにとられていて、 スタイルもBAZILLEに比べ少しタイトに作られています。
ポイントは、腕ポケットに付いた特大ロゴワッペン"デカロゴ"。

そしてちょっと珍しいライダーライダーダウンジャケットのNAPOLI: ナポリ
細めのボーダーキルトをベースに、肩口は縦キルトに、 両サイドには細いピッチのストライプに切り替えられたステッチワークがバイクにまたがった時の動きやすさと共にダウンジャケットとは思えない程のシャープなシルエットを演出してくれます。

最後にBISENTI:ビセンティは、 ミリタリーモンクレールとして人気の高いBULGARI: ブルガリをロング丈にアレンジ。着ると膝丈ぐらいとなります。 フードには、肌触りだけでなく、 見た目にも上質さが伺える本当のコヨーテのファーが付いたフードが優雅さを演出しています。
機能性だけでなく、ファッション性も追及したMONCLER [モンクレール]が放つ至高の逸品といえるでしょう。


今回の目玉は何といってもこのNAPOLI: ナポリBISENTI:ビセンティですね。 おすすめです!


販売は22日(金)の18時からとなっていますので、お見逃しなく!




HIMALAYA:ヒマラヤ / NAPOLI:ナポリ / BISENTI:ビセンティ
9月22日(金)18: 00〜販売スタート


MONCLER【HIMALAYA 999:BLACK】【44342 68950】     MONCLER【NAPOLI 999:BLACK】【41304 68959】    MONCLER【NAPOLI 243:BROWN】【41304 68959】    MONCLER【BISENTI 999:BLACK】【44334 68959】


<左> MONCLER 【HIMALAYA 999:BLACK】【44342 68950】

<中左> MONCLER【NAPOLI 999:BLACK】【41304 68959】

<中右> MONCLER【NAPOLI 243:BROWN】【41304 68959】

<右> MONCLER【BISENTI 999:BLACK】【44334 68959】


HIMALAYA:ヒマラヤ / NAPOLI:ナポリ / BISENTI:ビセンティ
9月22日(金)18: 00〜販売スタート







当ブログ『こだわる男の「モノ&ファッション」』では、 そんな人気のMONCLER [モンクレール]を簡単に探すことができます。

MONCLER [モンクレール]の一覧からは、入荷状況がわかるよう 新着順 に並んでいます。 価格順に並べ変える事もできます。
どのショップも人気商品は入荷する数量も少ないため、 人気モデルほど早い段階で完売してしまっています。
お目当てのモデルを如何に安く、確実に購入できるかがポイントですよ。

また各モデル毎に在庫状況を確認したり、 最安値もクリック一つで調べることができますのでお気軽に覗いてみてください!     


MONCLER _logo.jpg

MONCLER [モンクレール]

◆最高級ダウンジャケットの代名詞
プレミアム・ ダウンウェアとしてヨーロッパの上流階級から愛され続けているブランド、 「モンクレール」。1952年にフランスのモネステ・ド・ クレァモンで創立され、 そのブランド名は創業の地名の一部を組み合わせて名付けられました。 当初よりフランスのみならずイタリアなど各国の探検隊の装備として愛用された実力派でもあります。
クラシックでありながら流行を取り入れた最高級のダウンジャケットは、 半世紀以上経った今でも名品としての地位を確立しています。

◆品質は折り紙付き…キャトル・フロコン
モンクレールのダウンウェアは、大量生産ができません。 それは徹底した品質管理にあります。
4Flocons…キャトル・フロコンはAFNOR(フランス企画協会) が規定するダウンの品質の最高ランクです。モンクレールではグース(ガチョウ) の産毛を素材としていますが、 この4Floconsを取得したモノのみを厳選して使用しています。また、 ダウンウェアの各部位に最適なグラム量を定め、厳密に守り続けているのです。 結果、軽やかで暖かく、包み込むような着心地のダウンウェアとなります。


MONCLER [モンクレール] を探すならコチラから▼click!
新作・ 人気・品薄・予約・ 最安値




続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット



2006年09月10日

メッシュベルトの本家 Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]が作るメッシュベルト

Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]
メッシュベルト p1127 32mm



 メッシュベルトといえばWhitehouse Cox [ホワイトハウスコックス]。

1970年代後半にブライドルレザーでつくられたWhitehouse Coxの犬用メッシュリードを見て巨匠ラルフ・ ローレン氏がメッシュベルトの注文を始めたというのは有名な話。

強く耐久性のある上質なブライドルレザーを使用し、 熟練の職人がハンドニットで丁寧に編みこんだメッシュベルトは、 工芸品のような美しさ!まさに芸術品のようですね。

スーツやカジュアルな軍パン、デニムにもよく似合いますよ。
この秋冬のおすすめの1本です。




ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1127 メッシュベルト 32mm ハバナ 34 ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1127 メッシュベルト 32mm ニュートン 34ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1127 メッシュベルト 32mm ブラック 34


ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1880 メッシュベルト 38mm ハバナ 34 ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1880 メッシュベルト 38mm ニュートン 34ホワイトハウスコックス/Whitehouse Coxp1880 メッシュベルト 38mm ブラック 30





Whitehouse Cox
1860年イギリスにて設立されたホワイトハウスコックスはイギリスの伝統的な革であるブライドルレザーを取り扱う代表的なブランドです。
1920年代までは乗馬用の鞍などの馬具や英国軍の軍需用アイテムなどを製造していました。
その高品質の製品は英国上流階級の人々に受け入れられスペシャルオーダー品としてスモールレザーやバッグなどを作り出し、 そのファッション性を高めていきました。
1970年代後半には、 ブライドルレザーでつくられた犬の首輪を人間用のベルトにアレンジすることで注目を集め、 その名を世界中へ広める事となりました。
現在も創設当時の伝統を守り続け、 選りすぐりの素材を用いハンドクラフトを中心とした生産を続けています。



ブライドルレザー【BRIDLE LEATHER】
乗馬用品を作っていた頃から素材として用いられてきた本物のブライドルレザー。 ブライドルとは、 手綱をつけるために馬の頭部に耳から口にかけて渡した皮の部分「馬勒」 を意味します。ブライドル部分だけでなく、鞍などにも使われてきた革です。
牛革をコッド(鱈)オイルを用いてなめした後、 蜜蝋を染み込ませて作られます。この方法によって、革は木のように固く、 そして表面はいつまでもひびわれることなく艶やかな美しさを放つものへと変わるのです。

革の裏まで染み込んだ蜜蝋は、奥の方から表面 ににじみ出てきて、 放置しておくと白い膜をつくりますが、 使い続けていれば艶やかで独特の深みをかもしだしてくれるのです。
革に充分の蜜蝋を染み込ませるために10週間以上かけて作らせたブライドルレザーを仕入れ、 さらに厳格に検査し、これにパスしたものしか作らないそうです。
75枚のうち1枚の確率でしか合格品は見つけられないそうです。 (凄い確率!)こうして最高品質の革の選ばれたものだけを使い、 一つの製品が仕上げられるのです。
shop Clew[クリュー] より






こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox [ホワイトハウスコックス] のページはコチラから!▼click!




Whitehouse Cox を 種類・予算・ 色で探すことが出来るこちらのページもどうぞ
こだわる男の 「モノ&ファッション」
Whitehouse Cox を「種類」「予算」「色」で探す! ▼click!



続きを読む

posted by こだわる男の「モノ&ファッション」 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Whitehouse Cox[ホワイトハウスコックス]


リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット